会社案内

ご挨拶    概要    本社/拠点    沿革

ご挨拶

ご挨拶
 高進商事は何のために存在するのか? 

最も大切にしているのは、仕事を通してたくさんの人に「 喜んでいただく 」ことです。

 

良い商品を紹介して喜んでいただく、弊社の社員がお客様の役に立って喜んでいただく、対応の早さに喜んでいただく……。それは私にとっての喜びであることはもちろんですが、社員の喜び、お客様の喜び、仕入先様の喜びと、どんどんと広がっていくものだと考えております。

 

喜びのカギは「人」です。社員が満足して業務に取り組むことで、お客様にご満足していただくことができます。私たちが日々目指すのは、社員が働きやすい環境。そこを意識して取り組むと、結果として利益にもつながっていくことを実感しています。

 

しかし、現状に満足してしまうと、未来の「喜び」をつかみとることはできないでしょう。もっと「喜び」を生み出すためには、スキルを高め、人間性を磨くことが必要です。お客様に喜んでいただくためには、お客様が何に喜びを見出すのか(ニーズ)を察知・把握しなければなりません。あらゆるご要望にお応えできるよう、精一杯努力してまいります。

 

私が代表取締役社長になって十年。時代が刻々と変わるなかで東日本大震災も経験しましたが、常に時代に合った新しいことにチャレンジし、足を止めずに行動を起こすことで、素晴らしい出会いに恵まれて前進することができました。一つひとつの出会いを大切に、出会いのすべてに感謝しながら、これからも成長し続けていきたいと思っています。

感 謝

代表取締役社長

Munehiro Odawara
President and Representative
Director

概要

   

私たちが取り扱っている製品は多岐にわたりますが、大きく分けるとメカトロニクス機器、物流・マテハン機器、粉体・流体機器、マテリアル機器、防災グッズです。さまざまな業界の製造工場様に対して、大小に関わらず幅広い製品を揃えており、機械器具等の販売からエンジニアリング( 企画・設計・製造・設置・運転の一連 )の提案、メンテナンスまで、トータルでサポートしています。

さらに昨今では、東日本大震災の経験から2014年に開発・商品化した仙台発の防災グッズ「THE SECOND AID」のメーカーとして販売活動を行っており、マスコミをはじめ各所から大きな反響をいただいております。ノベルティとしてのOEMもスタートしました。

今後も様々なことにチャレンジし、時代に合ったご提案を続けてまいります。

   

【取り扱い商品】


〈メカトロニクス機器〉

・各種チェーン・ベアリング・ベルト・汎用モーター・インバーター・変減速機器・油圧機器・エア機器・直動機器・ロボット ほか

 

〈物流・マテハン〉

・各種コンベア・荷役機器・ラック・立体倉庫・パレット及びコンテナ ほか

 

〈粉体・流体機器〉

・水中ポンプ・真空ポンプ・クーラントポンプ・他特殊ポンプ・自動弁・バタフライ弁・粉体輸送機器・流体制御機器・配管材・継手及びホース ほか

 

〈マテリアル〉

・各種樹脂・ゴム・金属及び加工・新素材 ほか

 

〈環境機器〉

・エアコンプレッサー・エアドライヤー・集塵機・減容機・オイルミストコレクター・スポットエアコン・廃水処理・防虫フィルム・遮熱フィルム・加湿器・省エネ機器 ほか

 

〈エンジニアリング〉

・搬送システム・食品機械・各種自動化機械・省力化機器・機械修理メンテナンス ほか


〈防災用品〉

THE SECOND AID

CAR EMERGENCY BOX

・非常時おたすけ箱

・OEM/ODM ほか


〈研修〉

・MG(マネジメントゲーム) ほか



本社

会社名高進商事 株式会社
所在地仙台市宮城野区萩野町三丁目4-10
TELTEL 022-762-6221 FAX 022-762-6225
役員代表取締役社長 小田原 宗弘
創業昭和34年12月
設立昭和37年4月
資本金23,000,000円
従業員数

37名(平成30年10月現在)

決算期12月31日
取引銀行七十七銀行/卸町支店
きらやか銀行/仙台卸町支店
建設業者許可許可番号 宮城県知事許可(般-25)第19889号
許可年月日 平成25年11月20日
建設業の種類 機械器具設置工事業
Company nameKOHSHIN SHOJI CORPORATION
Head office3-4-10, HAGINOMACHI, MIYAGINO, SENDAI CITY MIYAGI 983-0843, JAPAN
RepresentativeMunehiro Odawara
President and Representative Director
FoundedDecember 1959
EstablishedApril 1962
Capital23,000,000 (yen)

本社/拠点

本社

〒983-0043
仙台市宮城野区萩野町三丁目4-10
【TEL】 022-762-6221
【FAX】 022-762-6225

本社仙南事務所

〒982-0031
仙台市太白区泉崎1丁目27-20
【TEL】 022-307-6821
【FAX】 022-307-6930

横浜営業所

〒222-0033
横浜市港北区新横浜2-3-8 KDX新横浜ビル 3F
【TEL】 045-534-9080
【FAX】 045-534-9081

秋田営業所

〒010-0904
秋田市保戸野原の町8番13号
【TEL】 018-863-0611
【FAX】 018-864-9246

八戸営業所

〒031-0802
八戸市小中野二丁目6番8号
【TEL】 0178-44-0134
【FAX】 0178-44-9092

水沢営業所

〒023-0023
奥州市水沢八反町83番地
【TEL】 0197-25-2271
【FAX】 0197-24-9513

沿革

昭和34年12月高進商会を設立。工鉱、土木、食品、水産、農業向け各種資材を営業を開始。
昭和37年4月小田原弘が代表取締役となり資本金100万円をもって高進商事株式会社に改組。
昭和46年4月資本金300万円に増資。
昭和46年10月秋田営業所を開設、秋田市周辺地域の拡販をはかる。
昭和49年8月八戸営業所を開設、青森地区の拡販をはかる。
昭和49年10月資本金750万に増資。
昭和50年10月資本金1500万に増資。
昭和55年12月水沢営業所を開設、岩手県南地区の拡販をはかる。
昭和56年5月高機能及びメカトロ指向等の産業界のニーズに対応すべく㈱椿本チエインの制御機器、物流機器の拡販に注力すると同時に新市場への進出をはかる。
昭和58年4月FA時代に対応すべく物流分野を拡大、自動倉庫システム、無人搬送システムへのシステムアプローチに注力。
平成2年5月資本金2300万円に増資。
平成6年4月小田原弘が代表取締役会長、菅田泰生が代表取締役社長に就任。
平成9年10月宮城県福祉用具開発研究会のメンバーとなり福祉分野への新規参入、介護機器市場への進出をはかる。
平成14年5月本社仙南事務所を開設。
平成17年4月横浜出張所を開設。
平成21年4月小田原宗弘が代表取締役社長に就任。
平成24年1月「非常時お助け箱」の拡販に注力、インターネットでの通販を開始。
平成25年11月建設業(機械器具設置工事業)取得。
宮城県知事許可(般-25)第19889号
平成26年7月もしもの時のためのいのちを守る緊急ボックス「THE SECOND AID(ザ・セカンド・エイド)」を開発・販売。
平成27年11月「THE SECOND AID(ザ・セカンド・エイド)バイリンガルバージョン」を発売。
平成28年6月「車載防災セット(カーエマージェンシーボックス)“カーエマ”」を開発・販売。
平成28年7月横浜営業所を開設。